Blog / ブログ

2015.05.16

褪せ美

褪せ美 ASEBI その1。

   自然の色は時と共に褪せます。
   しかし、「だからこそ美しい」とも 言いたいのです。
   海外では、新築の家よりも 古い家の方が
   価値が高いものもあります。
   風雨にさらされながら
   建物が美しさを増すからでしょう。

   表紙の題字『褪せ美(あせび)』は
   褪せながら美しく変化していく様の造語です。
   新しい住まいを しっかりとお手入れして
   大切に住み継いでいただきたいと思っております。

木・土・紙などの自然素材を中心に使って
家づくりをしている会社の施工実例のパンフレット
代表のあいさつ より。


一昨日〜昨日、プリンティングディレクターさんと
300点の写真の色校正を終えて、印刷工程にすすみました。
何とか、納期に間に合いそうでホッと一安心。

2015.05.15

贈り、贈られ。

静岡新茶。
新茶を贈って、二週間。
今度は、私の元に届きました。

静岡の新茶。
掛川の新茶。
牧之原の新茶。

その中のひとつは、今年も元上司から。
毎年、旬の便りが本当にうれしい!!

今回は、同時に開封して飲み比べ。
少し贅沢に初夏を楽しみたいと思います。

2015.05.02

八十八夜。静岡新茶

八十八夜。静岡新茶。
車を1時間ほど走らせて、天竜のお茶屋さんへ行ってきました。
晴天。気持ちいい〜

天竜

かねた太田園。
『学美のたね』でもお世話になっているお店です。

学美のたね
http://ameblo.jp/manabitane/
http://porte-d.com/dressing/

八十八夜より少し早い時期の走りの新茶。
深蒸し茶が主流になっている中、 ここでは、普通蒸し。
新茶は普通蒸しのもので、初々しい味と香りが好きなので、 これを求めて。

うわさのおばあちゃまがいらっしゃいました。
このおばあちゃまが淹れてくださるお茶は「格別!!」というのを伺っていましたので
試飲させていただき、実感!! 
同じ新茶でも、ここまでの味も香りも出せるの? と思うほど。

今回の目的は、他県に送るため。 静岡茶PR!!!

どこの県に送り、
どの年代の方に送るのか、
味はどんな感じが好みか、
を伝えると、手摘みの淹れやすい新茶を選んでくださいました。
商品名なんてありません。

山奥のお店で、たくさんの量は作っていないのですが
好みをお願いすると、見繕ってくださり、
お茶のうんちくがいろいろと。
おいしい飲み方のレクチャーもいろいろと。
お茶の話がはじまったら、本当にいろいろと。
お茶づくりを大切にし、本当に好きなんだな〜と思います。

天竜茶のぼり

かねた太田園
http://www.otaen.jp/

2015.04.23

友達の輪 その8

友達の輪。
飲食店関係の取材9件目。

みんなで繋げよう。 友達のわ!

本日は、店舗設計の会社さま。

個人の飲食店からフランチャイズまで幅広くやっています。
この設計事務所で設計したお店は繁盛する!! 
という うわさが口コミで広がって、
静岡県西部で手掛けたお店が20年の間に大変増えたそうです。

本当です!! 繁盛しています。

飲食店開業で、店舗のデザインを?! とお考えの方
内緒で(笑)ご紹介致します。

2015.04.20

後の晩餐

和食ダイニング HP用の料理撮影。
本日は、焼き物 と 蓋物 と 揚げ物。

ダイニング和1

カリカリサラダ。 サラダの中でも、私の一番のお気に入り。
揚げ出しトマト。 トマトの酸味 と あんかけの甘み が絶妙!!
どんぶり蒸し。 食べ進めると、中からたくさんの魚介。  まさに、どんぶり蒸しの玉手箱や〜。

これは、本日撮影料理の一部。

撮影を終えた後には、お決まりの晩餐会。
画像は、私の撮影でHP使用とは違いますので、御了承ください。

次回は、お刺身などの新鮮魚介類の撮影。

田舎の目立たない店ですが、
コストパフォーマンスが高いお料理が揃っています。
HP公開に向けて、おいしくがんばります!!