Blog / ブログ

2018.02.04

雨やどりの森

静岡県西部を中心に
自然素材を用いて、丁寧な家づくりをしている
新築注文住宅事業部 と 不動産事業部 を運営している
株式会社造居さまが、現在計画中の
Rental Space 雨やどりの森 
のブランディングをさせていただいております。

amayadori

zou1

設計事業部の おひさまぞうさん 
不動産事業部 おつきさまぞうさん に加え
この度、雨降りぞうさん も誕生!!

これから先、各種イベントやキッチンカーなどを利用
「ヒト休ミ」できる場所になるような、ステキなスペースが生まれる予定です。

ご興味のある方は
株式会社造居 へ、お問い合わせください。

2018.01.01

あけましておめでとうございます

あけまして  おめでとう  ございます

昨年、ご縁をいただいた方
ありがとうございました。

今年も、たくさんの新しいご縁に期待して・・・・

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

2017.12.21

おめでたく銀刷りパンフ

プロセス4色+銀刷りのパンフレット

新年を迎えるおめでたいパンフレットができました。

お願いしている印刷会社さまの銀刷りは
他社さんと比べて明るめです。
だから、比較的扱い易く。

銀刷りのアミ版
銀刷りの上に画像印刷
色アミに銀刷り

銀刷り1色を増やすだけで、金色を出したり
画像のツヤ感を出したり
銀刷りに地紋をつくったり
銀刷りの上に透かしつくったり
大変表現が増えます。

銀刷りは、1.5色〜2色分の価格ですが
新年を迎えるホテルのパンフレットには、おめでたい表現ができました。

銀

画像の一番右の銀刷りが基本。
それに、 +α したものが、他の部分の銀刷りです。

2017.12.17

資生堂アートハウス名品展 後期

資生堂アートハウスさまの
資生堂アートハウス名品展
開館40周年記念 後期 洋画・現代美術・陶芸・金工・ガラス
日時/2018年1月16日[火]〜4月1日[日]の
広告デザインを担当させていただきました。

資生堂

今回も前期展と同様、チラシとポスターはデザイン共通。
タイトルの資生堂書体は、2種類を使用。
タイトルと資生堂アートハウスロゴは特色です。

IMG_20171213_183811

この度も、制作チームのみなさま。ありがとうございました。

*企画・編集/資生堂アートハウス
*タイトル資生堂書体・協力/資生堂 宣伝・デザイン部
*プリンティングディレクション/(有)エルム

2017.12.07

体験型企画旅行

有限会社 泉企画さまのブランディングを
お手伝いさせていただいております。

有限会社 泉企画では
体験型企画旅行 もりりん’ず  と
森と人、地域をつなぐ事業 もりの環(わ)を
運営しています。

https://ameblo.jp/moririns2017/entry-12329409057.html
https://ameblo.jp/hitomachikorekara/entry-12290025413.html

代表の佐治さんからお仕事のご依頼をいただく前から
何となく話してきたのに
いざ仕事の話しをいただいた途端に、何かが噛み合ない。
なぜ?! 
VIの制作がはじまっても
森の中にいる生き物の話しをしても噛み合ない。
伐採の話しも。

そして、2回目のお打ち合わせ時にやっと納得。
佐治さんの事業エリアは、愛知県中心。
私が、今まで関わらせていただいた山や、木の家づくりの会社さまは静岡県。
愛知県と静岡県の山事情は違う。
静岡県では山守りさんが山を守ります。
愛知県では山主さんが山を持ちます。
山の中で生きる動植物も違います。

静岡県で自然素材の家、木の家、ヒノキやスギの家づくりは
当たり前にあることだと思っていたこと。
愛知県では少々違うということ。

そんな環境の違いに、今後の展開が楽しみになりました。

もりりんず
もりのわ
もりりん’ず と もりの環  のシンボルマーク。

ハチドリが、ヒノキの葉を加えて飛んでいます。
ハチドリは、名古屋の山にも、もちろん静岡県の山にもいません。
なぜ、ハチドリなのか?!

もりりん’ず の活動は
南アメリカの先住民に伝わるハチドリの物語 からきています。


  ハチドリの物語 

  あるとき森が燃えていました

  森の生きものたちは
  われ先にと逃げていきました

  でもクリキンディという名のハチドリだけは
  いったりきたり
  口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
  火の上に落としていきます

  動物たちがそれを見て
  「そんなことをしていったい何になるんだ」
  といって笑います

  クリキンディはこう答えました
  「私は私にできることをしているの」

  出典:『私にできること~地球の冷やし方』(ゆっくり堂)、
         『ハチドリのひとしずく』(辻信一監修、光文社)


この、ストーリーと、もうひとつ内緒の深い〜意味もあり
代表の佐治さんのご希望で採用されました。


もりの環 の 表現は、

間伐材を車に積んで、材を1本1本大切に扱い、 飛び回る。
森と人、地域をつないで “環” をつくる佐治さんの姿を
なんとか、スギ と ヒノキ で表現できないか?!
ということで、葉と実をモチーフに家紋化しました。

ハチドリが、飛びまわり “環” をつくる
名刺の表裏でリンクさせました。
この青い鳥の名刺交換をした方にきっと幸せがくるはず?!

IMG_20171206_225847

さらに焼き印。
間伐材を使って家具製作のワークショップで
ポンっ。
販売製材にもポンっ。

23415929_861082527350421_211497529_n
これは、お試し第1号!!

均一に焼くのはコツが必要みたいですが
ムラもご愛嬌!!


町 と これからを繋ぐ

稲作体験 や 豆腐づくり体験、森の木伐採ツアー、
幼稚園や学校、社員研修にもそれぞれの体験型企画旅行!!
間伐材で家具づくり ワークショップ。
愛知県での活動です。ご興味のある方は、ぜひ。
お問い合わせは 有限会社泉企画(もりりん’ず)へ  info@moririns.com へ。