銀版

日々のこと
ここ最近、4C+銀刷 の印刷物が続く。

ポスターであれば、印刷入稿データは
仕上がりの想像もつくし
比較的用意に作成できるけれど
パンフレットとなると
各ページが単調にならない効果を狙うと
データ作成が何かと複雑。

本日も、プリンティングディレクターさんと
印刷会社の職人さんと
銀をカラー版の先に刷る? 後に刷る?
銀版乗せる? 敷く?
このラインは抜き合わせ可能?
2回通す?
ひとつづつ確認と修正を繰り返し、完了となりました。

版下時代は、指定だけで済んでいたものが
今では、その知識を持った上でデータを作成しなければ
なかなか、思い通りの表現ができず。
結局、自らデザインからデータ作成まで全てを行う。

でも、電話1本でどのように表現したいのか?
そのためにどうすればいいのか?
そのわかり合えるチームがうれしく思う。

関連記事一覧

検索

カレンダー

2020年5月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31