お酒のラベル

お酒のラベルのリニューアル。
書家、金山土洲先生によって書かれたラベル。
以前、制作したラベルから、3行から1行削りリニューアルです。
一度は、書き直すという話ももちあがりましたが
1行削ってバランスをとることに。

たった、45 × 50ミリの紙面でも、バランスがとりずらく
2行目を5%大きく、0.5ミリ左・・・・ などなど。
丁寧に微調整していきます。
小さな紙面だと、余計に “ほんの少し” の調整が大きいです。

本日、書道のお稽古でしたので、 同時に先生に書の扱いの確認です。


たまに、縦組に書かれた文字を、横組に組み直されたり・・・・ 
きれいに書かれた文字を切り貼りした寄せ集めだったり・・・・ 
違和感を感じます。
やっぱり、ひとつの作品として一度に書かれた文字の方が
臨場感というか・・・・ パワーが強い気がします。

映画 や テレビのタイトルの “書” は
まさか、切り貼りした文字の寄せ集めではないですから。

関連記事一覧

検索

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031